読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sunflower

日々生活をしていて感じたこと、思ったことなどなど、いろいろと書いていきます

他人の話に興味を持つにはどうしたらよいのか

こんにちは、ユウジです。

 

 

すごくためになった記事を見つけたので少しご紹介したいと思います。

d.hatena.ne.jp

 

一言で言うと、「笑顔が多い人は幸せになる」よねって話です。

でも、その「笑顔」は作り笑いではなく心から楽しい時に出る「笑顔」のこと。

作り笑いではなく、本当の笑顔だったら自分自身も幸せだし、相手も幸せになる。

関心の幅が狭いと「笑顔」の回数が減ってしまいますよね。

だから、自分自身の関心の幅を広げたいよねってことが書いてあります。

 

 

この記事を読んで「そうだよな~」とすごく共感しました。

それと同時に「他人の話に興味を持つにはどうしたらいいのかな」と疑問に思いました。

 

f:id:coffeesugar:20150209104414j:plain

友達と話をしていると僕の反応が薄くて「興味ないでしょ」と突っ込まれるときがたまにあります。

たしかに興味ない・・・笑

興味や関心がないとけっこう出てしまうんですよね。

 

今までにこういうのでたくさんのチャンスを失ってきている気がします。

なので、最近はもっと他人の話に興味を持つようになりたいなと思っていました。

 

他人に関心を持つにはまず、プライドを捨てることが大事なのかなと思います

うまく言葉にできませんが、理想としている自分像があり、その理想には自分がまだまだ到達できなさそうな状態で悩んでいるときに

理想としている自分像に近い人と会うと嫉妬してしまうことがあるんです。

その人と初対面の場合はその人のことがまだあまりよく分かっていないので、嫉妬みたいな感情はあまり生まれないんですが、

知り合いで自分と同じぐらいに思っていた人や少し下に見ていたひとが理想としている自分に意外と近かったりすると嫉妬してしまいます。

知り合いや友達だったら理想とする自分像に近づくためにどうすれば良いのかを初対面の人よりは相談しやすい関係なはずなのに

嫉妬心を抱いて興味が一気になくなってしまう自分がいます。

こんな感じでチャンスを今まで無駄にしてきてしまっているような気がします。

 

このような時に関心を持って、話を聞けるようになったらもっと自分自身も相手も幸せになるのになと思います。

 

コミュ強になりたい!

 

 

近況報告

皆さま、こんにちは

ユウジです。

 

だいぶご無沙汰しておりました。

約5か月ぶりぐらいのブログ更新です。

 

4月から社会人になり、今まで突っ走ってきてなかなかブログを書く時間をとれませんでした。

軽く、今の自分の近況報告をしたいと思います。

 

僕は東京にある飲食業の会社に入社して働いています。

配属された店舗は百貨店の中にある鉄板焼きのお店。鉄板焼きというとお好み焼きみたいなのと誤解されてしまうときが多々あるんですが、僕が働いているお店はお肉やシーフードの鉄板焼きをやっているフレンチ料理主体のお店です。

 

フレンチ料理などと言うものには数か月前まで学生だった僕にとっては全く無縁の存在だったので、料理名を覚えたり、料理の説明をするのに毎日苦労しています。

ちなみに仕事の内容はキッチンで料理を作ったりする方ではなく、ホールで料理を運んだり、お店の売り上げの管理などのお店のマネジメントです。

分からないことばかりで、毎日が勉強です。

 


これからもブログの更新が不定期になるかもしれませんが、気が向いたら書いていきますのでよろしくお願いします。

 

今日はこの辺で。

では。

15万円する「気仙沼ニッティング」のMM01というカーディガンが欲しい件

生活

みなさま、こんにちは

ユウジです。

 

最近、暖かくなってきましたね。

花粉症の人にはつらい時期ですね。僕はそんなに重い症状の花粉症は持っていないんですが、たまに喉の奥が痒くなったり、くしゃみが出たりします(>_<)

 

15万円するニット

そんな季節になってきましたが、今年の冬に向けてニットが欲しいなと思ってます。

とびきりいいやつ。

 

めちゃくちゃ気が早いけど。

 

 

そして僕が欲しいなと目をつけているのがこちら!!!

f:id:coffeesugar:20150318183112j:plain

 出典

気仙沼ニッティング - MM01について

 

 

めっちゃかっこよくないですか??

ヤバくないですか??

 

ちなみにお値段もヤバいです。

15万円です。

 

ヤバいです。

 

 

でも本当にほしい。

 

気仙沼ニッティングとは

このニットは宮城県気仙沼市にある気仙沼ニッティングという会社が作っているニットです。

 

 このニットはすべて手編みなんです。さらにサイズはオーダーメイド!

自分にぴったりのニットを気仙沼のお母さんたちが編んでくれます。

 

気仙沼ニッティングは東日本大震災後にできた会社です。

 

有名なコピーライターである糸井重里さんがやっている「ほぼ日刊イトイ新聞」がプロデュースした会社です。

震災後にほぼ日が気仙沼市に支社をつくり、それからこの「気仙沼ニッティング」プロジェクトが始まりました。

 

東日本大震災によって被災した気仙沼に新しい産業をつくろうと糸井重里さん達が立ち上がりました。

気仙沼は漁師の町で、そこに住む人たちには漁網を編む技術があったのをヒントにしてニットを編むことを思いつき、「気仙沼ニッティング」を立ち上げました。

代表取締役社長には東大卒でマッキンゼーに勤めていた御手洗さんが就任。

 

f:id:coffeesugar:20150319130626j:plain

出典

御手洗 瑞子さん・気仙沼ニッティング (イノベーター) - Starting Over 三陸 -

 

 

きれいな方ですね(*´Д`)

東大卒でマッキンゼーに就職して、現在は気仙沼ニッティングで経営者として活躍しています。

 

欠点が見当たりません。

 

 気仙沼ニッティングは「被災地の物だから買う」ではなく、買う人が心から欲しいと思うような一流のニットづくりを心掛けています。

 

 15万を出すほどの価値があるニット

 このカーディガンを見る度に欲しくなる!!

 

ほんとに。

 

 

ニットに使用される毛糸はこのカーディガンをつくるためだけに京都の手芸糸専門店と一緒に作ったオリジナルの毛糸を使用しているんです。

 サイズもオーダーメイドできるのでぴったりだし、ハンドメイドで温かみもあり、本当に世界に一つだけのカーディガンを着れるということです。

木のボタンもかわいいですよね。

 

現在、70人程度の納品待ちのお客様がいて、完全オーダーメイド&ハンドメイドだから完成には1年近くかかってしまうそうですが、今の時期に注文しておけば今年の12月ぐらいにはちょうど着れるかな( *´艸`)

 

 

 

十分に15万円を出す価値があるニットだと思います!

 

 

カフェオレ、カフェラテ、カフェモカ、カプチーノの違い

コーヒー

 

 

みなさま、こんにちは

ユウジです。

 

僕はコーヒー好きなんですが、コーヒー好きと言うとたまに「カフェオレとカフェラテってどう違うの?」とか「カフェラテとカフェモカってどう違うの??」などと聞かれることがあります。

 

確かになかなか分かりにくいし、普通に生活していてもなかなか知る機会がないですよね。

かといって店員さんに聞くのはちょっと恥ずかしかったりします。

というわけで、今回はそれぞれの違いを説明したいと思います。

 

カフェオレとカフェラテの違い

まずは、「カフェオレとカフェラテの違い」から説明していきます。

この二つは基本的に使用するコーヒーが違います。

カフェオレはドリップコーヒーを使用し、一方でカフェラテはエスプレッソを使用します。

 

そして、使用するミルクも異なっています。

カフェオレは鍋などで温めたミルクを使うのに対し、カフェラテはエスプレッソマシンの蒸気で温めたミルク(スチームドミルク)を使います。

 

最後にコーヒーとミルクの割合も異なっています。

カフェオレはドリップコーヒー50%、ミルク50%。

カフェラテはエスプレッソ20%、ミルク80%。

 

f:id:coffeesugar:20150313191121j:plain

カプチーノとは

続いてカプチーノについて説明していきます。

カプチーノはカフェラテとすごく似ているんですが、使うミルクが泡立っている(フォームドミルク)のが大きな違いです。

 

割合は

エスプレッソ30%、スチームドミルク30%、フォームドミルク40%となっておりカフェラテと少し違います。

 

カフェモカとは

最後にカフェモカについて説明します。カフェモカは簡単でカフェラテにチョコレートソースを加えたものです。

チョコレートソースが入っているのでカフェラテよりも甘くなっており、女性に人気な飲み物です。

 

 

 

 

最近人気のラテアートはカフェラテやカプチーノでエスプレッソにミルクを注ぐときに絵を描きます。

 

まだカフェラテやカプチーノでラテアートをやったことがないんですが、いつかやりたいな~と思っています。でも、そのためにはまずエスプレッソマシンを買わなきゃな(;・∀・)

お金を貯めよう。

 

では!!

 

 

 

マラソンで地域は活性化されない

地方

みなさま、こんにちは

ユウジです。

 

ネットでいろいろと見ていたら、このような記事を見つけました。


街おこしマラソン、各地で 名所巡りPR「何度も来て」 :日本経済新聞

 

f:id:coffeesugar:20150313115228j:plain

 

何をもって「地域活性化」とするか

この記事を読んで、率直に「マラソンで地域は活性化されるのか」と疑問に思いました。ここで問題になってくるのが「何をもって地域が活性化されたことになるのか」ということです。

 

「地域活性化」には大きく分けて2つの考え方があります。それは、経済的な観点から見るのか、非経済的な観点から見るのかということです。

経済的な観点からの地域活性化はなんとなくイメージがつくと思いますが、非経済的な観点からの地域活性化って何?と思う方がいらっしゃるかもしれないので、簡単に説明すると

近年、孤独死とかが問題になってきているので人のつながりをつくるような地域活性化だったり、住民に地域への愛着を持ってもらうような地域活性化だったりを言います。

 

 

ランニングブームを観光振興に生かそうと、市民参加型のフルマラソン大会を開く自治体が増えている。名所をめぐるコースを設定して街の魅力をアピール。参加者の宿泊や食事で地元経済が潤うだけでなく、観光目的で再訪してもらう狙いもあり、地域活性化への期待は大きい。

この記事を読んでみると経済的な視点からの地域活性化であることが分かります。

 

僕自身も地域の発展のために、ある程度は経済的に豊かである必要があると思っています。

 

マラソンで地域は活性化されるのか

マラソン大会を開くことによって確かに人は来ます。そして、その人たちがマラソンの前後にその付近で食事や宿泊することによって地域にお金が落ち、地域経済に影響を与えることは間違いないでしょう。マラソンで地域内を走ることによって地域の観光地を巡ったり、新たな魅力の発見につながるかもしれません。

 

もちろん、このマラソンをやりっぱなしでは意味がありません。マラソンで人を集めて地域の魅力を体験してもらって終わりでは、地域経済に与える影響はほんの少しです。このマラソンを今後にどうつなげていくのかが大切です。

 

「マラソン大会が盛り上がればいいなぁ~」で始めて。

「マラソン大会盛り上がったなぁ~。これから観光客が増えたらいいなぁ~」で終わらないようにすることが大切です。

このマラソン大会は最終的なゴールのどの段階にあるのかを明確にする必要があります。

 

地域活性化のキーワードは「持続可能性」

地域活性化は「持続可能性」がなければいけません。持続可能性がない地域活性化はこれまでに多くの地方で行われてきた地域活性化と同じで、いくらやっても地方は元気になりません。

 

一時的な効果しかない地域活性化を行っても意味がないことは今日の地方をみれば理解できます。経済的な活性化や非経済的な活性化であっても「持続可能性」はキーワードであると思います。