sunflower

日々生活をしていて感じたこと、思ったことなどなど、いろいろと書いていきます

【選挙】住民票を実家においている大学生は注意

14日の総選挙まであと2日です。

自民党の圧勝が予想されていますが、どうなるのか注目ですね。

14日はかなり冷え込むことが予想されているので、暖かい服装で投票に行きましょう!

たくさんの人が投票所に行くので、マスクなどもしていくと良さそうですね!

 

さてさて、今回は「不在者投票」について書きたいと思います。

 

 

恥ずかしい話なんですが、僕はまだ一回も投票に行ったことがありません。(現在22歳)

言い訳はしません。

 

まだ投票したことがなかったので、今回の選挙には投票しようと思ったんです。

だけど、僕は「投票できない」と言われました。

 

これも恥ずかしい話なんですが、不在者投票」というものをしっかりと理解できていませんでした。

なので、僕と同じような間違いを他の人がおかすのを防ぐためにもここに記したいと思います。

今日ここに書いても14日の選挙には間に合いませんが・・・

これから先の選挙の際に参考にしていただければと思います。

 

 まずは僕の現在の状況について

出身:福島県会津坂下町

住民票:福島県会津坂下町

現住所:神奈川県平塚市

現在は大学4年生。進学のために神奈川に引っ越してきました。住民票は実家がある福島県会津坂下町にあります。

 

同じ大学生の中には僕と同じように住民票を実家のある市町村においてある人も多いと思います。

 このような人たちは気を付けてください。

「投票できない」可能性があります。

 

 不在者投票制度とは

ではまず、「不在者投票」について説明したいと思います。

  仕事や旅行などで、選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会不在者投票ができます。また、指定病院等に入院等している方などは、その施設内で不在者投票ができます。

引用元:総務省|投票制度

 

つまり、住民票を置いていない市町村に滞在している場合でも不在者投票制度を利用して投票することができるということです。

だから、住民票を実家のある市町村においてある人でも進学先の市町村で投票できるんじゃないかと思ってしまいます。

実際に不在者投票制度を利用して住民票をおいていない市町村に滞在していながら投票できる、ということを説明しているサイトを多く見かけます。


【学生必見】一人暮らしでも住民票を移さずに選挙で投票する方法 | nanapi [ナナピ]

 


【実家じゃなくても】住民票が実家にある大学生が、実家に帰らず投票する方法【できちゃいます】 - NAVER まとめ

 

僕もこのようなサイトを見て、不在者投票をしようと思いました。

 が!!ここで落とし穴があります。

 

不在者投票制度を利用できない場合がある

投票するためには住民票のおいてある市町村の「選挙人名簿」というものに登録されていないと投票はできないのです。

では、どうしたら選挙人名簿に登録されるのか?

選挙人名簿に登録されるのは、その市区町村に住所を持つ年齢満20歳以上の日本国民で、その住民票がつくられた日(他の市区町村からの転入者は転入届をした日)から引き続き3力月以上、その市区町村の住民基本台帳に記録されている人です。

引用元:総務省|選挙人名簿

 つまり、住民票がある市町村に3か月以上居住していなければ選挙人名簿には登録されないということです。

ということは、僕のように住民票は実家のある市町村に置いてあって、他の市町村に居住している人は選挙人名簿に登録されていません。

だから、「投票はできない」ということになります。

 

よく調べたら、同じことを書いてあるサイトがありました。

学生の選挙権について

このようなページが検索した時に上位表示されるようになれば、僕のように勘違いしてしまう人も減るんじゃないかなと思いました。検索すると大体、さっき挙げたようなページが上位に表示されてしまいます。

 

 

皆さんも気をつけてください。

住民票を地元に残したまま進学すると投票できない可能性があるので、住民票はちゃんと移しましょう。

移した方が何かと便利です。

 

それでは!