sunflower

日々生活をしていて感じたこと、思ったことなどなど、いろいろと書いていきます

【就活を始める後輩へ】地元に就職するか、しないか【No.1】

 

本格的に寒くなってきましたね(>_<)

 

去年の今頃は就活が解禁されて合同説明会とかに行っていた記憶があります。

 

2016年卒業の学生は3月から就活が解禁らしいですね。


2016年卒の学生さんは期間が短くなるので、準備をしっかりとしてから望んでくださいね!

 

僕の場合は準備不足でいろいろと大変な思いをしたので(^_^;)

 

参考になるか分かりませんが、就活を経験した先輩としてこれから伝えられることを伝えていけたらいいなと思っています。

 

地元を離れて進学した学生が就活の時期になって悩むことの一つとして「地元に帰るかどうか」というのがあると思います。

僕もこれにすごく悩みました。

そして、僕が出した答えは「地元に帰らずに、進学地で就職する」ということです。

理由は2つあります。

 f:id:coffeesugar:20150208085812j:plain

【地元に帰らなかった理由】1.今の自分が地元に帰っても地元を変えることができない

僕は地元に危機意識を持っています。

僕の地元である福島県会津坂下町というところは典型的な地方の町で年々人口減少しています。

現在の人口は16,428人*1です。

小中学校は統廃合され、小学校は2校、中学校は1校になりました。

このままでは町はなくなってしまうのではないかと危機意識を持っています。 

このような状況を僕は変えたいです。

 

地元を変えたいですが、今の自分には変えることができないという結論に至りました。この結論に至るまでには様々なことがありましたが、ここでは割愛します。

 

地元にはまちづくりNPOがあるので、そこで働けば町にかかわれる仕事ができます。

しかし、社会に出たこともない新卒の若いやつがそのNPOに入っても足を引っ張るだけ。

NPOではなく、地元にある会社に入っても地元にとってはプラスにはならずに、0かマイナスのどちらか

だから、まずは進学地である関東で働き、地元にとってプラスになる人材になってから帰ります。

 

【地元に帰らない理由】2.関東でいろんな刺激を受け、成長する

東京には様々な人やモノがたくさん集まってきます。

地元にはないモノ、人がたくさんいます。

そこから視野が広がり、刺激を受けることができます。

刺激をもっと受けたいし、もっと視野を広げたい。

そして、それらを活かして地元に貢献したい。

だから、まずは東京で就職します。

 

 


「地元に帰るか帰らないか」どちらを選択しても、正解、不正解はないと思っています。


正解にするか不正解にするのは自分次第だと思ってます。


自分の現在地を確かめ、自分は何を成し遂げたいのかを明確にすることで「どちらを選択したほうが良いか」を判断しやすくなります。

 

就活の参考に少しでもなれば幸いです。

 

では!!

*1:12月1日現在。会津坂下町公式HPより(

会津坂下町 トップページ