sunflower

日々生活をしていて感じたこと、思ったことなどなど、いろいろと書いていきます

「おいしいコーヒー」の3大条件【No.2】

みなさま、こんにちは

ユウジです。

 

以前に書いた、『「おいしいコーヒー」の3大条件』を読んでいただけたでしょうか?

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ!

 

「おいしいコーヒー」の3要件【No.1】 - sunflower

 

 

さて、今回はおいしいコーヒーを飲むための二つ目の条件について説明していきたいと思います。

 

前回のおさらい


前回に説明した、一つ目の条件は「煎りたて」であることでした。

コーヒー豆は焙煎するとガスを発生させます。

ガスを発生させることによって、コーヒー豆はどんどん酸化していきます。

つまり、おいしくなくなっていくということです。

 

だから、コーヒー豆を焙煎して日にちがかなり経ってしまうとコーヒーはおいしくなくなるので、「煎りたて」であることがおいしいコーヒーを飲む第一の条件なのです。

 

 

二つ目の条件は「挽きたて」

一つ目の条件は「煎りたて」であることでしたが、二つ目の条件は何だと思いますか??

 

街で良く見かけるあの言葉なんです。

 

 

 

 

 

 

二つ目の条件は、「挽きたて」であることです。

 

良く街で「挽きたてコーヒー」というのを目にすると思います。

 

最近では大手コンビニもこのようなうたい文句で宣伝しているので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

「挽きたて」とは、コーヒー豆を粉の状態にして間もないことを言います。

基本的にコーヒー豆を挽いたら3日以内ぐらいが「挽きたて」と言えるラインかなと思います。できるだけコーヒー豆は飲む直前に挽きましょう!

 

「煎りたて」で「挽きたて」のコーヒーは、粉にお湯を注いだ瞬間にふんわりと膨らんできます。

 

f:id:coffeesugar:20150222172245j:plain


このときのコーヒーのふくらみ具合がのコーヒーの新鮮さを表す指標の一つです。

 

このふくらみは以前にも説明したコーヒーから発生するガスによるものなのです。


このガスは新鮮な豆からしか発生しません。

 

このガスは豆を挽いたらすぐに発生し、ガスが抜けていくのでコーヒーがだんだんと酸化していきます。

 

酸化してしまったコーヒーは嫌な酸味や苦味が強くなり、おいしくありません。


豆を粉にすれば、空気に触れる面積が大きくなりますよね。なのですぐに酸化してしまいます。

だからコーヒー豆を購入するときは挽いてある状態ではなく、豆のままの状態で購入することをお勧めします。

 


おいしいコーヒーを飲みたいのであれば、ぜひ「挽きたて」を意識してください。

 

 

 

では!!