sunflower

日々生活をしていて感じたこと、思ったことなどなど、いろいろと書いていきます

学生にできることには限界がある

みなさま、こんにちは

ユウジです。

 

昨日の記事の続きというか、関連したことを今日は書きたいと思います。

 

 

3月11日 - sunflower

 

「復興支援活動」に従事してきた大学生活

僕が大学に入学した年が東日本大震災が起きた年だったので入学式がなくなったのを覚えています。

 

僕の大学生活は東北、特に福島と向き合った4年間でした。

 

震災が起こり、神奈川に引っ越すまでの約2週間、ずっと家に閉じこもっていました。

自宅近くの公民館などには沿岸部から避難してきた方々がいて、地元の人たちは炊き出しボランティアなどを行っていました。

そこに自分も参加しようと思ったのですが、行動に移すことができませんでした。

「あそこに自分が行っても何もできなくて邪魔になるだけなんじゃないか。」「ここは大人の人たちに任せた方がいいんじゃないか」このような理由をつけて、逃げていたような気がします。

 

何もできなかった後悔の念を持ち、3月の下旬には大学に入学するために福島を離れて、神奈川に引っ越しました。それからニュースなどで故郷のことを見聞きする度に「何かしたい」という想いが強くなっていったので、大学にあるいわゆる「復興支援団体」というものに所属し、東北のために活動を始めました。

それ以降、大学4年間東北のための活動を続けてきました。

 

f:id:coffeesugar:20150311194301j:plain

 

大学生にできることには限界がある

大学4年間活動してきて思ったことは「大学生にできることは限界がある」ということです。

 

大学生は社会人経験がない人がほとんどで、社会を知らないし、お金がない、能力もありません。震災直後にはたくさんの学生による復興支援団体が誕生しましたが、現在でも活動を続けているのはごくわずかだと思います。

 

ぶっちゃけ学生ができるのは力仕事ぐらいなんじゃないかと思います。

 

僕が所属していた団体では、簡単に言うと仮設住宅のコミュニティづくりをしていました。活動していて、仮設住宅のコミュニティをつくることができたと思っていません。

 

コミュニティをつくるためにイベントをやり人を集めて、コミュニケーションを図るようなことをやってきたんですが、そのようなイベントに来る人はいつも決まった人のみで、このような人たちは積極的に外にでてコミュニケーションをとっている方々です。本当にイベントに来てほしいのは普段引きこもりがちになってしまっているような人でしたが、うまくいきませんでした。逆に一つのグループのようなものをつくってしまい、引きこもりがちになっている人にとっては余計に出づらくなるようなコミュニティを創ってしまいました。

このようになってしまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいで、やはり学生にできることには限界があるなと感じました。

 

がれき撤去などの力仕事だけではなく、もっとすごいことをして被災地に貢献したいという想いはすごく大事で素晴らしいことだと思いますが、学生にはそれを実現するほどの力を持っている人はほんのわずかです。

自分にはそれほどの力がありませんでした。

 

大学生であることを忘れてはいけない

大学生がやるべきことは「勉強」です。社会勉強ももちろん大切ですが、学問を勉強することが大学生が勉強すべきものです。学問を勉強させるために親は学費を払ってくれています。

 

復興支援活動に限らず、学問以外のことに集中しすぎて単位を落としたり、単位が足りずに卒業できない人をたまに見かけますが、それでは本末転倒です。学問以外のことをやりたいならば、休学するか大学を辞めたほうがはるかに時間があり自由にできます。大学に所属している以上勉強をしましょう。

 

自分自身が復興支援活動に力を入れすぎて単位を落としたりしていたので、こんな偉そうなことを書けないですが、大学生活の後悔というかもっと学問を勉強しておけばよかったなと思っています。課外活動はやってもいいけど学問に支障をきたさない程度にすべきだったなと思います。

 

では!!